|参考掲載|

募集作品のテーマ

A・B・C・D部門それぞれのテーマにそった作品とし、表現技法や材料などは自由ですが、必ず出品者の創作未発表の作品であること。類似作品と認められたものは入賞・入選を取り消す場合があります。
※既存の企業名、商品名、ロゴ・マークなどは使用しないでください。
 A部門(自由テーマ・ポスター)
B1サイズの自由テーマによるポスター表現
●ポスター表現として明確にするための文字は必ず挿入する。
 B部門(自由テーマ・イラスト)
B2サイズのイラストレーションによる自己表現
●手描き,CGイラスト,半立体などB2サイズ全面に表現する。
 C部門(特別テーマ・ポスター)

B1サイズの特別テーマによるポスター表現
C部門後援:外務省・国土交通省 観光庁
「持続可能な観光国際年」をテーマとしたポスター
2016年の日本への外国人旅行者数が2400万人を超えるなど、昨今、日本で観光を取り巻く状況は劇的に変化しています。ただ、これは日本に限った話ではありません。国連世界観光機関(UNWTO)の予測によると、2010年には9億4千万人だった国際観光客到着数が2020年には14億人、2030年には18億人に達するとされるなど、様々な国・地域において経済発展が進む中で、世界全体で観光客の往来が増加し続けています。
このような背景の中、国連は、2017年を「International Year of Sustainable Tourism for Development?持続可能な観光国際年?」と位置付け、観光が活発化するにつれて発生する課題等への解決に向けた研究・取組みを各国に働きかけています。
Sustainable(サステイナブル)は最近盛んに用いられるようになってきている言葉ですが、意味としては「持続可能」であることを示し、特に、地球環境を保全しつつ持続が可能な産業や開発などに用いられる場面が多くなっています。
では、国際年として取り組むべき「持続可能」な観光にはどのようなものがあるのでしょうか。 UNWTOでは以下の5分野を挙げています。
1) 誰もが参加可能で、地域全体への経済的効果が
  持続するツーリズム
2) 社会的な関わり、雇用拡大や貧困の撲滅に
  貢献するツーリズム
3)環境や気候変動に配慮した資源保全・保護を
  踏まえたツーリズム
4) 伝統や固有性と多様性の両立を認め合う
  文化価値を描くツーリズム
5) 平和や安全を支える相互理解に
  貢献するツーリズム
外務省及び国土交通省 観光庁では、上記5分野の理念を広く伝えていくために、「持続可能な観光国際年」のテーマにふさわしい、分かりやすく、かつ、メッセージ性のあるポスターデザインを公募いたします。
 
★C部門(特別テーマ・ポスター)制作にあたっての留意点
(1)作品中には必ず指定されたロゴマークを入れてください。指定されたロゴマークの要素を分解することも、指定された色を変えることも、書体を変えることもできません。(詳細につきましては、別紙ロゴマークマニュアルを参照ください)。
(2)作品中に、必ず International Year of Sustainable Tourism for Developmentと持続可能な観光国際年
 の文字を入れてください。書体、色、大きさは任意です。
 テーマに沿ったキャッチフレーズを入れたり、文言を入れることは自由です。
(3)ポスター内には以下の名称等を標記しないでください。
 ●後援省庁名 ●特定の企業名、商品名、団体名

★参考ホームページ
 ●UNWTO「持続可能な観光国際年」について
  http://www.tourism4development2017.org/

 
★第102回C部門ロゴマーク デザインマニュアル PDF取得
「持続可能な観光国際年」の ロゴマーク デザインマニュアルは、左の[応募要項・申込書 PDF]ボタンを押して取得するか、または下記より直接取得できます。

■第102回C部門 ロゴマーク デザインマニュアル ■
  
 D 部門(マルチグラフィック)
B2サイズに2点以上の小サイズ作品をレイアウト
●CD・DVDジャケット、各種ラベル、エディトリアル、マンガ、キャラクター、童画、ポストカード、絵本、各種カード、ブックカバー、ロゴ・マーク、カレンダー、新聞・雑誌広告、デジタル静止画など、あらゆるメディアのグラフィック表現。

版権・使用権について

●A・B・C・D部門ともに作品は所定の展示や用途終了後、作者に返却いたします。
●C部門の入賞・入選作品についての版権・使用権は二科会デザイン部に帰属します。採用にあたって使用の際は、修正を加える場合がありますのでご了承ください。
●各部門の作品は、デザイン部のパブリシティーなどのため使用させて頂くことがあります。

応募資格・募集作品のサイズと体裁

●応募資格 満15歳以上。

●サイズ
 A部門=B1サイズ(103×72.8cm)
 B部門=B2サイズ(72.8×51.5cm)
 C部門=B1サイズ(103×72.8cm)
 D部門=B2サイズ(72.8×51.5cm)

●体裁
A・B・C・D部門とも木製パネルで出品してください。
タテ・ヨコは自由。
平面、プリント作品は汚れ・破損防止のためラミネート加工、またはビニールを張ってください。
額縁を付けた作品は受付けません。

●作品枠
作品が立体的な場合に限り作品を保護する程度の枠は認めますが、その枠に作品の一部とした体裁を施している作品は受け付けません。
枠を留めている箇所が弱かったり外れる可能性が高い状態、または釘やネジなどの留め具が飛び出して危険な状態の作品は受け付けません。
展示用金具などの取り付けは必要ありません。
 

作品についての注意事項

■作品制作に使用する素材(材料)の制限
 虫が沸く、付く、腐敗の恐れのある天然素材(植物・動物)
 の利用は防虫防腐処理が施された加工材料以外は使用できま
 せん。
 下記にそれら天然素材(材料)の具体例を上げておきます。

使用できない天然の植物・動物素材(材料)
●天然素材で生もの、または乾燥天然素材
(植物性:穀物、果物、切花、葉、草、切枝、廃材、流木など)
(動物性:大型・小型に係わらず昆虫や動物そのもの、または一部)
※注意!
○上記の天然素材で乾燥させた状態のもの(押花・枯葉・干草など)でも防虫防腐処理を施されていないものは使用できません。また、防虫防腐処理を施こしても粉状となったり剥離して散乱するものは使用できません。
○加工品でも虫が付いたり腐敗する食品類は使用できません。

使用できる天然の植物・動物素材(材料)
●加工天然素材、または天然素材でも防虫防腐処理が明らかに施されていると分かるもの。
(植物性:繊維製品、加工木材、ベニヤ板等の合板など)
(動物性:羊毛製品、革製品など)

■作品素材の接着・重量・作品裏の状態について
★作品素材の接着(のり・釘・ネジ・針金・ひも等)が弱く剥離・脱落、または剥離・脱落の可能性が高い作品は受け付けません。また接着箇所から釘やネジなどの留め具が飛び出ている場合あるいは素材そのものが危険な作品も受け付けません。

★明らかに重量過多(一人で運搬が困難とされる重さ)の作品は受け付けません。

★作品は重ねて保管、移動しますので作品裏に画鋲・ホチキス針・釘・ネジなどが飛び出して重ねた作品に傷がつきやすい状態のときは、必ず出っ張りを取り除くか保護処理を施してください。
※作品の直接搬入時に受付担当者が作品素材の接着状態や作品裏の状態、枠などの保護・補強・修復・修理が可能と判断し、その指示に従った場合は作品を受け付けることがあります。
〈 株式会社アイマックス 作品出力・搬入サービスのご案内 〉

★データ出力で作品応募される方は「(株)アイマックス」で
[プリント+表面加工+木製パネル張り+搬入]まで便利でお得な一括サービスがあります。
詳細は、左の[作品出力・搬入依頼]ボタンを押すか、下記のボタンを押してご覧ください。


■ 作品出力・搬入依頼 ■
 
●二科会デザイン部より、作品出力・搬入依頼に関して
作品出力・搬入依頼に関して二科会デザイン部が利益を得るものではなく、また一切の責任を負うものでもありません。
(株)アイマックスのご厚意により、二科展デザイン部出品作品の出力・搬入代行を、通常より便利でお得なサービスが受けられるものです。
作品出力・搬入代行依頼に関する総ての質問やトラブル(苦情)などは、二科会デザイン部では一切関知しておりません。
必ず(株)アイマックスに、お問い合わせください。
 

審 査

全会員が審査にあたります。

●二科賞…………………………(賞状並びに賞牌)1名
 各部門を通じ特に優秀と認めた作品。
………………………………………………………………………
●A部門(自由テーマ・ポスター)
 二科デザイン・ポスター大 賞
          ……(賞状並びに副賞10万円)1名
       特選賞………………(賞状並びに賞牌)3名
       奨励賞………………(賞状並びに賞牌)4名
………………………………………………………………………
●B部門(自由テーマ・イラスト)
 二科デザイン・イラスト大 賞
          ……(賞状並びに副賞10万円)1名
       特選賞………………(賞状並びに賞牌)3名
       奨励賞………………(賞状並びに賞牌)4名
………………………………………………………………………
●C部門(特別テーマ)
 外務大臣賞………………(賞状並びに副賞10万円)1名
 観光庁長官賞……………(賞状並びに副賞10万円)1名
       特選賞………………(賞状並びに賞牌)2名
       奨励賞………………(賞状並びに賞牌)4名
………………………………………………………………………
●D部門(マルチグラフィック)
 二科デザイン・マルチグラフィック大 賞
          ……(賞状並びに副賞10万円)1名
       特選賞………………(賞状並びに賞牌)3名
       奨励賞………………(賞状並びに賞牌)4名
………………………………………………………………………

■第101回(前年)二科展デザイン部受賞者作品を観ることができます■

各部門入選・準入選

       入 選………………(賞状)入選者全員
       準入選………………(賞状)準入選者全員
複数作品の受賞・入選・準入選がある場合、原則として上位の作品にのみ賞状を1枚授与します。例外として複数部門受賞作品には、各部門の賞状を授与します。
各部門ともに準入選作品は、原則として展覧会会場には展示されません。作品集に氏名のみ掲載されます。

発 表


審査の結果は、8月中旬までに文書で応募者全員に通知いたします。なお電話でのお問い合わせには、お応えできません。
 
受賞者・入選者は作品が作品集に掲載されますので掲載料として5,000円を納入して頂きます。

★各地方展によっては、別途経費がかかる場合があります。

直接搬入の場合


第102回展の搬入受付場所は六本木・国立新美術館です。館内
が広く規定も多いため注意事項をよく読んで搬入してください。
 
●受付日時
 2017年7月27日(木) 午前10時30分〜午後6時まで
●受付場所
 六本木・国立新美術館 地下1階
  (千代田線 乃木坂駅5番出口を出て左へ徒歩1分)

外門から入り警備室の「入館名簿」に記入の上
「入館証」を受け取ります。
             ▼
通路の床の「赤いライン」と「進行指示」に従って
A1室=二科展デザイン部の搬入受付場所へ進んでください。
             ▼
搬入終了後は上記「赤いライン」を逆行して警備室前に戻り、
入館証を返却してお帰りください。
梱包材料は各自必ずお持帰り願います。

作品発送の場合

必ず下記郵便振替口座へ出品手数料を振り込み、受領証(コピー可)・出品申込書を一括して封筒に入れて作品No.1の裏面に外れないように貼りつけ、下記の場所に7月24日(月)までに委託してください。
※作品への現金の添付は、厳禁とします。
出品作品貼付票の作品返却の欄に記入のない作品は、総て着払いにて返却しますので予めご承知ください。
 
    郵便振替口座番号:00210‐9‐50673
        加入者名:一般社団法人 二科会デザイン部

 
★ご注意:先に出品申込手続きと出品手数料を振り込んで作品を搬入しなかった場合、出品手数料は返却されませんのでご注意ください。

●作品の送り先
 ヤマトロジスティクス(株) 二科展デザイン部受付
 〒135-0062 東京都江東区東雲2-2-3 東雲ビル2F
             TEL.03‐3527‐6683
 
★作品の取扱には充分注意しますが、天災・運搬・展示・その他不可抗力による作品(枠含む)などの破損、損害等については、その責を負いません。

出品手数料[ 改 定 ]

★ご注意!!:出品手数料が改定されました。
●一般:1人2点まで8,000円  1点増すごとに4,000円
●学生:1人2点まで5,000円  1点増すごとに3,000円
※搬入受付の際、出品申込書に添えて納入のこと。
※学生は、作品搬入時に必ず学生証を提示のこと。

直接搬出の場合

下記の日時・場所から、搬出証を提示して各自搬出してください。
●準入選・選外作品
 日時=8月13日(日) 午前11時〜午後4時まで
 場所=ヤマトロジスティクス(株) 二科展デザイン部搬出係


○ヤマトロジスティクス(株) 二科展デザイン部受付
 〒135-0062 東京都江東区東雲2-2-3 東雲ビル2F
             TEL.03‐3527‐6683
 
●入選作品
 日時=9月24日(日)午前11時〜午後4時まで
 場所=ヤマトロジスティクス(株) 二科展デザイン部搬出係

※入選作品は、会期中搬出することはできません。
※全国巡回展に選出された作品は、その旨を作者に通知し、巡回展終了後(2018年4月頃予定)搬出方法をご連絡します。
※搬入後、住所変更された方は最寄りの各地区事務局までご連絡ください。

所定の日時に搬出されない作品は、全て運賃着払い(梱包料別途請求)で返却しますので、予めご承知ください。

各地区のお問い合わせ先

搬入・搬出を直接受け付ける地方支部もあります。
最寄りの下記地区事務局にお問い合わせください。

二科会デザイン部 本部事務局
 〒104-0033 東京都中央区新川2-12-13 松下ビル 6F
       (株)アド壱座 内
       (03)3297‐0398 (岩崎友太郎)

東北・北海道地区事務局 北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城
〒014-0323 仙北市角館町横町76-4
              018-742-8147(佐藤待子)

東京地区事務局 福島・長野・群馬・栃木・茨城・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨・静岡
〒330-0851 さいたま市大宮区櫛引町1-735
             090-8850-6187(佐藤 一典)

北陸地区事務局 新潟・富山・石川・福井
〒920-0015 金沢市諸江町上丁545-1 大楽荘8号室
            (076)263-3761 (響  恵一)

中部地区事務局 岐阜・愛知・三重
〒460-0011 名古屋市中区大須4-9-17
       サンパーク上前津203
       クリエイティブハウス・グロウ内
            (052)264-4636(岩田  明)

関西地区事務局 和歌山・滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫
〒556-0021 大阪市浪速区幸町1-3-16 メゾンリエール601
       (有)パン・クリエイティブスタジオ内
            (06)6567-1958(田野  勝)

中国地区事務局 鳥取・島根・岡山・広島・山口
〒729-0327 広島県三原市糸崎8-10-8
             090-9509-9698(松本 篤子)

四国地区事務局 香川・徳島・高知・愛媛
〒799-0405 四国中央市三島中央2-3-11
       (有)チョウノ・デザイン内
            (0896)24-4521(高橋 秀司)

九州地区事務局 福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄
〒840-0032 佐賀市末広2-11-10
        Design Studio SHOW内
             (0952)29-2636(小路 久男)